量子空間催眠QST
ヒプノセラピスト養成講座

5日間集中セミナー

申し込み受付中!

量子空間催眠QSTに興味を持った
全ての方へ

■ 量子空間催眠QSTは、従来の催眠療法(ヒプノセラピー)とはアプローチが少々異なり、私たち人間(施術師)と見えないところから私たちをサポートしてるガイドやマスター/ハイヤーセルフなどの存在たちの役割をコラボして行う施術です。

その目的は、依頼人の心と身体の悩みや問題を改善することですが、最大の目的は我々人間のほぼ全てを知り尽くしている大いなる存在たちの意識と依頼人の意識(顕在意識)を繋げて、魂レベルにある真実の情報を依頼人の思考レベルまで届けることです。そこには存在と人間の役割分担が必須となります。その連携が組まれることで施術の可能性は驚異的に広がります。そして依頼人の意識レベルは最終的には宇宙意識レベルへと引き上がられます。その結果、依頼人の表面的な悩みや問題は必然的に改善に向かいます。

この様な説明すると、ハードルが高そうに感じるかも知れませんが、難しい事はありません。当たり前のことを当たり前に捉えて施術に取り組むだけです。


■ 量子空間催眠QSTのヒプノセラピスト養成講座では、量子空間催眠療法を理解するための仕組みと基本的な量子理論と意識の構造、そして私が行う量子空間催眠QSTの技術とその運営に関して伝授します。量子理論と言っても科学的な難しい内容ではありません。この施術の仕組みを理解するための補足の話も沢山用意してます。

あとは焦らずひとつひとつ経験を積んでいくことが重要です。また各人に必要な知識と技術を学べる場は、その後に存在たちによって順次用意されます。そしてセッションの各現場で訓練され叩き込まれていきます。重要なのは情報ではなく、セッションの流れを信じる皆さんの意識(気持ち)の持ち方です。全ては定められたレール(運命)の上にいます。そのレール(運命)を信じることです。


■ 量子空間催眠QSTは、このヒプノセラピスト養成講座を受講される皆さんによって更にまた進化していきます。それは人類の意識革命に繋がる大きな可能性を秘めています。そして何れ皆さん各人の役割に合った独自の施術スタイルを構築していくことを期待しています。


■ 当初はコロナ禍のこともあってオンラインだけで行う予定でしたが、対面とオンラインの両方で受けられます。また個人レッスンの様に各講座の定員は4名までの少人数制です。それから実際のセッションの雰囲気を感じて頂ける様に、対面講座は私のセッションルーム(東京と北海道)で、オンライン講座は主に北海道のセッションルームからのライブ配信で行います。(※各クラスの希望者が一人でも開催します。)


■ 養成講座は5日間(各3時間/日)の集中講座です。必ず5日間を通しで出席できるクラスをお選びください。講座は毎クラス同じプログラムですが、クラスによっては微妙に講義の進みが異なる場合がありますので、万が一欠席した場合、その日を別の週のクラスで受講出来るとは限りません。但し、毎日の講義は音声収録して各クラスの専用サーバに半年間保存しますので、ご自身の都合の良いタイミングで自己学習に使ってください。


photo:2019年7月 対面セミナーの様子

受講を検討されている方は
お読みください。

1.催眠療法には、お酒やたばこ、ダイエット、ギャンブルなどの依存症などに対する意識改善に用いられてきた催眠暗示技術がありますが、量子空間催眠QSTではその類いの暗示誘導は行っておりません。但し、大いなる存在たちとの交渉次第では意識改善も含めて彼らにお願いすることはあります。


2.量子空間催眠QSTは、QHHTや退行催眠を元に開発されてますが、前世療法や年齢退行に特化した誘導や依頼人が望む課題やテーマをターゲットにした誘導は基本的には行いません。まず始めのセッションでは今の人生と向き合うことが優先されます。その為に必要な要素として、過去世や未来世そして魂の由来、或いは身近で当たり前な事柄など、依頼人の人生でその時期に最も重要な場面に遭遇することになります。但し、2回目以降のセッションでは、依頼人が望む課題やテーマに沿った前世療法や年齢退行に特化したセッションに応じることは可能です。


3.毎日の講義は全て録音されます。録音されたデータは各クラスの専用サーバに6ヶ月間保存されるので、後日皆さんの復習に使ってください。録音される内容は私の講義が主ですが、催眠セッションのデモンストレーションの様子も含まれます。録音データを一般公開することはありませんが、今後の教材として他のクラスで共有する場合があります。


4.養成講座の中では個々の実習は行いません。自分を信じてまずは自分なりに試してください。色々とやってみて旨く行かないときや分からないこと、または自分で出した答えの確認は、その後の補講プログラムでいつでも相談することができます。



養成講座のスケジュールの詳細は以下をご参照ください。但し、開始時間は予期しないで変わる場合があります。お申し込みをする前に必ず再確認してください。


● 講座スケジュール ●

各日3時間×5日間の集中講座。各期とも限定4名までの少人数制(応募が1名でも開催します)です。最終日の翌日日曜日に補講日を設けています(自由参加)。補講日は、各期を卒業した方も自由に参加することができます。


期(クラス)ごとに開催時刻が異なります。ご注意ください。


西麻布(対面) 第01期 06/21(火)~ 06/25(土)18時~21時 《 終了 》
北海道(対面) 第02期 06/28(火)~ 07/02(土)15時~18時 《 終了 》
オンライン 第03期 07/05(火)~ 07/09(土)15時~18時 《 終了 》
西麻布(対面) 第04期 07/19(火)~ 07/23(土)18時~21時 《 終了 》
北海道(対面) 第05期 07/26(火)~ 07/30(土)15時~18時 《 終了 》
オンライン 第06期 08/02(火)~ 08/06(土)15時~18時 《 終了 》
西麻布(対面) 第07期 08/23(火)~ 08/27(土)15時~18時 《 終了 》
西麻布(対面) 第08期 09/13(火)~ 09/17(土)10時~13時 《 終了 》
オンライン 第09期 09/27(火)~ 10/01(土)18時~21時《 募集終了 》
オンライン 第10期 10/18(火)~ 10/22(土)18時~21時 補講日:10/23(日)18時~21時
オンライン 第11期 11/15(火)~ 11/17(木)18時~21時
11/22(火)・ 11/23(水)18時~21時
補講日:11/27(日)18時~21時
西麻布(対面) 第12期 12/06(火)~ 12/08(木)15時~18時
12/13(火)・ 12/14(水)15時~18時
補講日:12/18(日)15時~18時

2022年内は第12期までありますが、2023年以降の日程は状況を見て判断いたします。また、もし受講したいが上記のスケジュールがどうしても合わない方はご希望の日程をご相談ください。


● 養成講座 カレンダー ●

カレンダーが表示されない場合はこちらへ

● 講義内容 ●

1日目)量子空間催眠QSTとは

  • 量子空間催眠QSTに至る経緯
  • 量子空間催眠QSTの目的
  • 他の代表的な催眠療法との関係性
    • 暗示療法:禁煙・禁酒、ダイエット
    • 前世療法
    • 退行催眠、年齢退行
    • インナーチャイルド


2日目)量子空間催眠療法的意識の捉え方

  • 顕在意識、潜在意識、集合意識
  • 意識の構造
  • 魂のリセット
  • 魂の構造

3・4日目)セッション全体の構造

  • デモンストレーション(各人体験)
  • セッションの流れと組み立て方
  • 量子空間:誘導心理
  • スクリプトの解説
  • 各段階の意味
    • プリトーク:ラポール+カウンセリング
    • 量子空間セッション
    • 導入プロセス
    • 量子ヒーリング
    • エンディングプロセス
    • ポストトーク


5日目)業務に使っているツール

  • 各種フォーム例の紹介
  • 運営・マーケティング
  • ポジショニング
  • ブランディング
  • Q&A


デモンストレーション

デモンストレーションを兼ねて受講者全員に量子空間催眠QSTのセッションを体験して頂きます。被験者はセッションで一人一人異なるユニークな体験をします。それらは外見からは想像できない体験や言葉に表現し難い体験、そして被験者本人にしか理解できない体験などもあり、この施術を理解する上で実体験はとても有効的です。

認定証の発行

受講終了者には量子空間催眠QSTヒプノセラピスト養成講座終了認定証を発行します。但し、国が認定する公的な資格ではありません。残念ながら日本の催眠療法界では国が発行する公的な資格はまだありません。大手の学校や組織も含めて、日本で発行されてる同等の認定証は全て民間が独自に発行してる認定証です。よって開業に関しては自己判断となります。また量子空間催眠QSTは、他の大手組織との連携はありません。

認定証サンプル

補講プログラム

技術向上のための1年間の補講プログラムを用意してます。5日間の養成講座を終了した方々を対象に自由に参加してください。場所は、東京・北海道・オンライン、それぞれの講座の終了日の翌日(六日目の日曜日)、各講座と同じ時間帯で行います。但し、オンライン以外は人数に限りがあるので、希望者は何時どこの補講プログラムに参加したいかをカレンダーで確認して、3日前までに事前申請して頂きます。補講プログラムの使用方法については各講座でご説明します。

▼ 補講プログラムで出来ること
  • 主に質疑応答
  • 受講者たちの体験談の共有
  • 他のセラピストとの交流
  • 交換セッションの相手探し
  • 講座で話しきれなかった様々なケースの談話
  • その他

《量子空間催眠QSTフォーラム》準備中

養成講座を受講した皆さんの体験談や、質問・疑問、お知らせなどの情報交換ができるフォーラムサイトを準備中です。準備が整い次第お知らせします。


受講申し込みはこちら


● 料金 ●

受講料:165,000円 (税込)

受講料に含まれるもの:講義、PDFテキスト、デモンストレーション、認定証の発行、1年間の補講プログラム、消費税


● 支払い方法 ●

  • 当日支払い:不可
  • 事前支払い:銀行振込
  • 事前ネット決済:クレジットカード、PayPalなど


● キャンセル料金 ●

8日前まで・・・キャンセル料金無し
※ 銀行振込済みの方は後日返金いたします。

7日前・・・50%

● 各講座の締め切りについて ●

各講座の申し込み締め切りは各講座開始日の1週間前です。特別な事情がある場合はご相談ください。


● お申し込み確定までの流れ ●

お支払い方法の詳細はお申し込み後の確認メールにてお知らせいたします。確認メールを受け取ってから1週間以内にお支払いください。お支払いの確認をもって養成講座のお申し込みの完了とさせて頂きます。期間内にお支払いが確認できないときは、改めて再申し込みをお願いすることがあります。ご注意ください。


● 分割払いに関して ●

分割支払サービスは現在は受け付けておりません。各人の判断でお使いのクレジットカード会社の分割支払いサービスや他の分割支払サービスや支払代行サービスなどを検討してみてください。